注目の杏仁オイルランキング

美肌効果がいっぱい!天然油から生まれた杏仁オイルを大特集

HOME » 杏仁オイル初心者ガイド » 杏仁オイルとは

杏仁オイルとは

杏仁オイル(きょうにんおいる)の配合成分とその効果について解説しながら、症状が改善されるメカニズムについて詳しく紹介しています。

肌が若返る効果を検証!杏仁オイルの成分とは

杏仁オイル(アプリコットオイル)とは、杏子の種から得られた仁(杏仁)から絞り出されるオイルで、若い人の肌にたくさん含まれているというパルミトレイン酸が豊富に含まれています。

このパルミトレイン酸は別名「若さの脂肪酸」とも呼ばれており、肌を若々しく生き返らせてくれます。

この他にも、4種類の高級脂肪酸が豊富に含まれています。

  • オレイン酸:過酸化皮脂の予防
  • リノール酸:角質細胞間脂質の主成分であるセラミドの構成成分。皮膚の乾燥、皮膚の老化、角化症などを防ぐエモリエント効果があります。
  • ステアリン酸:動物、植物油に多く含まれる飽和脂肪酸。滑らかな使用感を高め皮脂分の補油効果があります。
  • パルミチン酸:飽和脂肪酸、紫外線から肌を防御してくれます。

奇跡のオイル!杏仁オイルの美肌効能

杏仁オイルの優れた効能として、女性に嬉しい効果をまとめてみました。

イボの改善

女性は更年期にさしかかると血液の流れが悪くなり、老廃物が体内に溜まってくるので、皮膚の新陳代謝が悪くなり細胞が異常増殖して、イボができやすくなると言われています。

一般的にイボを取る方法は、美容整形外科で液体窒素・レーザーを使った施術が主流。物理的に取り除くわけですから、痛みを伴い、治療費も安くはありません。

もともと首まわりや顔の粒イボは、数が多くできる場合が多いわけですから、それぞれを取り除くとなると大変ですね。

そこで、負担なく顔や首まわりの粒イボを取る効果が期待できるのが、杏仁オイルなんです。

杏仁オイルは、人間の皮脂に非常に近い成分でできているので、肌になじみやすく酸化しにくい性質を持っています。

朝は洗顔後、夜はお風呂の後に顔や首まわりをマッサージ。血流をよくして皮膚の新陳代謝を促し、杏仁オイルの有効成分が粒イボに浸透させます。

粒イボが大きくなって変色し、やがてポロリと根元から取れたり、縮んで消えたりしていく…。つまり、イボを簡単に取ることができるというわけです。

また、イボ以外の肌トラブルにも効果があり、ニキビや吹き出物などの症状を改善する効果があるようです。

シミ改善

杏仁オイルは、肌の新陳代謝を促して肌のキメを細かくし、美肌を作る効果があるので、シミやソバカスを目立たなくする美白作用があります。

また、美肌には欠かせない栄養といわれる脂肪酸の他にも、ビタミン・ミネラルが含まれていて、中でも食品からは摂取しにくいビタミンB群がたっぷり入っているので、美肌効果が高いオイルなんですね。

紫外線予防

杏仁オイルには、紫外線が皮膚を酸化させるのを防御する役割も果たしています。

化粧下地として、薄く顔に伸ばしておくだけで、年齢とともに減少していく皮膚膜の代わりを果たしてくれるので、強い日差しからお肌を守ってくれます。

チェック「正しい使用方法」に進む